サイトM&Aの仲介業者を利用しましょう

中立的な立場からアドバイスしてくれる


サイトM&Aの流れを一からサポートしてくれるのが仲介業者です。買い手や売り手探しはもちろん、交渉などさまざまな手続きを仲介してくれます。税理士や公認会計士等の専門家を抱えている業者も多く、アドバイザーとしての役割も果たしてくれるのが魅力です。M&Aの複雑な流れも、スペシャリストならではの視点で進めてくれます。仲介業者は売り手と買い手の間で、中立的な立場からコンサルティングを実施しているのも特徴です。一方の満足度を上げるのではなく、相乗効果を生むための選択へ導いてくれます。仲介業者によって、得意なM&Aの種類や業種も異なります。仲介業者を選ぶときは、知名度だけでなく実績や特徴も考慮しておきましょう。

中小企業の経営者をサポートしてくれる


サイトM&Aの仲介業者は、数億円程度の中規模な取引をメインに扱っているのも特徴です。証券会社や大手の投資銀行は、数十億円以上の大規模なM&Aをメインに扱っています。数百万円程度の小規模なM&Aを扱う仲介業者も存在しており、中小企業の経営者を幅広くサポートできるのも強みです。大手の仲介業者は、投資ファンドや銀行とのネットワークも数多く揃えています。M&Aの実施には多額の税金がかかるため、税務知識の高い仲介業者を選ぶことも大事です。M&Aの状況や用いる手法によって、課税される税金の種類や税額も変わってきます。アプローチや交渉を同時進行で進められる仲介業者なら、M&Aも短期間で実現しやすいでしょう。