サイトM&Aの失敗事例

稼げないサイトを獲得した


サイトM&Aで多い失敗事例として、稼げないサイトを獲得したことでしょう。サイトM&Aをする理由の一つに簡単に稼げるからということがあります。しかし、実際に使ってみたら稼げないサイトだったということは少なくありません。稼げない事例としては、そもそも実力がなかったということがあるでしょう。このパターンは運よく上位表示されていただけの時によく起きます。検索エンジンの評価はよく変動しますが、実力があれば上位に食い込めるでしょう。他に稼げない事例としてはサイトM&A前のコンテンツがよかったのに、変えたことで稼げなくなるということがあります。サイトM&Aをするときにはコンテンツを変えることが多いです。しかし、以前のコンテンツが稼ぐ要因だったということは少なくないです。そのため、変えてしまったら、稼げなくなります。

上位表示されないサイトだった


サイトM&Aをするときには、実力をページランク、被リンク数などの数値を見て判断することが多いです。数値は嘘をつきませんが、数値が高いからといって、必ずしも上位表示されるとは限らないのです。検索エンジンの評価基準はそのときによって変わりますし、以前上位表示されていたからM&A後も上位表示され続けるかというと確実ではありません。ただし、実力があるサイトであれば、上位表示され続けることになります。失敗事例としてはその判断を誤るときに起きます。実力があると思ったのに、実力がなかったときなどは上位表示されないでしょう。判断ミスは数値だけをみて、他のサイトとの差を調べなかったときに起きます。上位表示されないかどうかは相対評価なので、他のサイトと比べてみると分かるのです。